PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

砂パの救世主!? ドククラゲ考察と天候パ議論 その1

まずこの皆大好きイカむすめ…じゃなかったwww

ドククラゲの考察をする前に天候パについての自分の見解を述べさせていただきます。

BWへ環境が変わり
日照りキュウコンと雨降らしニョロトノが解禁されました。

これにより全ての天候パで永続天気が可能となりました。

砂パの強みである永続天気が潰されたワケです。

とはいえ晴れパは不安定要素が多くハマった所で砂パ使いの自分としては余り脅威には感じません。
まあタイプ相性もあるのですが…。

問題は雨パの永続雨なんです。
霰?何それwww


雨パは今回のニョロトノ解禁によって
天候パ最強の地位についたといっても過言ではありません。

ただ地力は砂パの方が大分上なハズ…。
砂パに付け入る隙はないのでしょうか?

ここで両天候パの利点と特徴を簡単にまとめると

・雨パ

1.永続雨によって水技の威力が上がり一致技の威力が2.25倍となり多少不利でもゴリ押し可能

2.すいすい、あめうけざらなどの雨下での強力な特性

3.雷必中による強力なサブウエポンの獲得

4.全体的に特殊寄り

5.そもそも水タイプが強すぎる。(水+氷の一貫性、耐久の高さ、弱点の少なさ)

6.雨の影響を受けるポケが少ない(相手に利用される可能性が低い、相手への対策ポケの投入のし易さ)



・砂パ

1.岩タイプの特防が1段階↑

2.岩地面鋼以外に毎ターン16分の1ダメージ

3.強ポケが多く見せ合い次第では砂パを崩しても動ける

4.ほぼ物理寄り

5.水、氷に弱いポケが多い

6.すなかきやすながくれといった特性




こうしてみると明らかに雨パの方が完成度は高い…というか組むメリットが大きい

が裏を返せば雨に頼り過ぎなパーティであるとも言える
つまり雨さえ潰せば地力で大きく勝る砂パの方が強い

それと永続天候のポケが揃ったことで
天候ポケをいかに生き残らせるかという立ち回りも重要になってきた

以前と違い雨乞い要因がいなくなったので
ニョロトノさえ潰せばいい
雨乞い要因がいる可能性も否定はできないが1ターン費やすデメリットは大きいので
その分有利な立ち回りができる

いずれにせよ必ずしも先発バンギ安定というわけでもいかなくなったのは正直難しい
ただ雨パの場合はほぼ100%先発ニョロトノ
ここを上手く突きたい

砂パバンギは基本最速なためニョロトノを抜いてしまう可能性が高くかち合ったとき雨にされる危険性も高い

…のだがこの役割を理解していな方も多いので意外と先発ニョロで死ぬまで居座ることも多いのも事実

ただ上手い人は流しや引きが本当に上手いのでやはり相性が悪い砂パは受け身に回ることが多く
立ち回りも難しい


じゃあ雨パメタを先発に起用したらどうなのよ
ということで今回考えに考えた結果白羽の矢が立ったのがドククラゲというわけ

永続天気のおかげで2匹で天候パが組めるので残りは苦手対策に使えるのが嬉しい。

長くなったので その2 へ続く
スポンサーサイト

| 育成論 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bloodyklaha.blog67.fc2.com/tb.php/126-ba02751d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。